> ヘセドスクール > 教育理念


神は人を自分のかたちに創造された。神のかたちにこれを創造し男と女に創造された。
神は彼らを祝福して言われた。
「産めよ、増えよ、地に満ちて、これを従わせよ。海の魚、空の鳥、地を這うあらゆる生き物を治めよ。」
創世記1:27〜28

"創造主、神様を知り、精霊の導きによってイェス様に似ていく人材を養成する"

私たちは神様の似姿に作られ、男性と女性に創造されました。
神様は私たちに祝福と共に 「産めよ、増えよ、地に満ちて、これを従わせよ」という使命を与えます。
そして神様は私たちに全ての生き物を治めるよう命じます。
したがって、へセドスクールは、自分が誰なのか知り、神様を知り、神様が与えた使命を果たせる力を持つ人材を育てます。

1. 人材像

神様を知り、自分のことを理解し、他人とのコミュニケーション、協業できる全人格的な人材
神様と自分を愛するだけでなく友達を愛し、コミュニケーションしながらお互いの意見を尊重し配慮する人材、協業を通してお互いに助け合う人材となります。

2. 教育課程

“統合教育課程を行い、バランスの取れたキリスト教的観点の確立”

細分化された教科を統合した授業を通して色々な分野に対する融合的思考力を育て、聖書に基づくキリスト教的観点を見つけます。

3. 教育方法

“討論・読書・体験活動・作文”を通して批判的思考力と問題解決力を身につける。

4. 教育共同体

子供教育の責任者である保護者と積極的に話し合い、支援する。
教育共同体とは、学校・学生・保護者を言います。また、学生たちは寮生活と学生自治会活動を通して協働心と社会性を育てる。

5. 宣教

キリスト教教育と教師養育を通して日本の福音化に寄与します。

ローマ人への手紙12章

ヘセド スクールを神に受け入れられる、聖い、生きた供物としてささげます。
学校生活を通して
私たちみんながこの世と調子を合わせず、 むしろ神の御心は何か、
すなわち、何が良いことで、 神に受け入れられ、完全であるのわきまえ知るために、
心の一神によって自分を変えるものとさせてください。

私たち一人ひとりに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎しみ深い考え方をし、お互いに任されたことの違いを認め
キリストの中で一つとなり、
偽りのない愛で悪を憎しみ、善に親しむようにしてください。

ヘセド スクールが心から互いに愛し合い、尊敬をもって互いに人を自分より優っていると思い,
勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕える者とさせてください。
望みを抱いて喜び、患難に耐え、耐えず祈りに励み、
聖徒の入用に協力し、旅人をもてなす共同体とならせてください。
善をもって悪に打ち勝つヘセド スクールとならせてください。
全ての人と平和を保つヘセド スクールとならせてください。